蔦茂るカフェ・CAFE RANBAN(カフェ ランバン)

夏は生い茂るツタが涼しげな外観。
やわらかな照明の光と、こげ茶色を基調にしたインテリアから、落ち着いた印象を受けるお店です。


1階は喫煙、2階の禁煙カウンター席は12時から利用することができます。

自家焙煎したコーヒー豆を使って注文を受けてから淹れる一杯は、濃い目ですが酸味が少なく飲みやすい味が揃っています。

温かい飲み物を頼むと、口直しのための炭酸水がついてくるのも嬉しい。
CAFE RANBAN(カフェ ランバン)のコーヒー

1977年の創業時からいるのでしょうか?
使い込まれて良い風合いになった赤い鳥のシュガーポットも印象的。


お店で使われているミルクはとても濃く、生クリームが苦手なお客さんにはミルクの割合を調整する場面も目にしました。

男性客が多いせいか、食べ物は客層にあわせて(?)甘味を極端に控えたケーキやクッキーなど。
もう少し甘くてもいいかな…というのが口にした感想です。

青磁に星座が浮かぶカップをはじめ、店内で使われるカップ類は滝川市在住の陶芸家・大野耕太郎さんの手による器が多く、ディスプレイされた食器を買い求めることもできます。

メニュー

・水出しアイスコーヒー 550円
・アイス・ド・オーレ 620円
・ケーキ 350円

最終更新日: 2002-06-29

タグ: , , , , ,

この記事を見ている人はこんな記事にも興味を持っています