<移転前>朝早い時間に時計台裏で一息。北地蔵(きたじぞう)

クリーム色のランプシェードの照明、使い込んだテーブル…レトロで懐かしい空間は、長い時間をかけて作られた不思議な安心感があります。


※時計台裏から2012年4月、北12条に移転しました。
※この記事の写真・紹介内容は移転前のものです。

- – - – - – - – - -
ある雨の降る寒い日、雨がしとしと降る様子を眺めながら、店内の一番奥のカウンターで温かいコーヒーを飲みました。

以来、雨の降る日はこのお店を思い出し、コーヒーが飲みたくなります。

のれんをくぐると外からの明るい光で暗い所に目が慣れず、一瞬昭和のレトロな世界にタイムスリップしたのではないかと錯覚しそうになります。

目が慣れるまではかなり暗く感じるので、何度行ってもドアの手前の段差につまづきそうに…。

独学で自家焙煎の方法を学び、1966年に喫茶店ELEVEN(イレブン)としてスタートし、1976年に北地蔵を開店したマスターの日比さん。

その自家焙煎コーヒーは、苦味のある濃い味ながらほのかな甘味があり、しっとりとバターのきいたクロワッサンによく合います。

周りの話し声が邪魔にならず、本を読んだり手紙を書いたりと、落ち着いて過ごせる貴重な場所。

「いつもご夫婦で日曜日の午後で来店し、同じ物を食べられる方がいて…そんなお二人が理想です。」と、あるスタッフの方が教えてくれました。

時計台の裏にあるので、観光で札幌を訪れた方にも立ち寄りやすいお店ではないでしょうか。

自家製のクロワッサンやパンが焼ける香ばしい匂いが漂うと、つい頼みたくなりますよ。

メニュー

・コーヒー 500円
・季節の生ジュース 550円
・クロワッサンとサラダ 1000円
・クロワッサン 150円
・季節の野菜サラダ 250円
(2001.04.20)

最終更新日: 2012-04-20

タグ: , , , , , , , , ,

この記事を見ている人はこんな記事にも興味を持っています