茶房 森彦 (もりひこ)

札幌のカフェといえばここがおすすめ、という時に必ず名前が挙がる位、 札幌をはじめ道内外の人々に親しまれている森彦。

実はまだオープンしてから5年しか経っていないのです。


住宅街の中の細い小道にあるため、初めて行くとなかなか見つけづらいかもしれません。

暖簾のかかったガラスの引き戸を開けて中に入ると、ここだけの時間が流れているような気がします。

お店の調度品は、1階は日本の古い作業台を利用した大テーブル。

歩くとギシギシ音が鳴る階段を上った2階には、アフリカの車を分解した部品で作ったイスや、イギリスのアンティーク物のイス…と、どれひとつとして同じ物がありません。

しかし、ばらばらな物が集まった空間になんだかほっとし、揃っていないことに不思議な魅力を感じます。

また、2階の窓から見えるバードフィーダーは、「冬、雪の後は山鳥が何種類も来るので、鳥好きでなくても一見の価値がありますよ。」とオーナーのおすすめスポット。


メニューは少ないけれど、注文を受けてから豆を挽いていれてくれるコーヒーを待つ間は、流れる音楽や人が歩くとあちこちで鳴るギシギシという音を聞きながら、なんともほっとする時間を過ごすことができます。

音楽の選曲はオーナーの市川さんご自身で、基本的にはノンジャンルでジャズ、ピアノソロ、ギター、オーケストレーション、タンゴから民族音楽まで幅広くかけているそう。

「自分の好みで曲は選ぶけれど、森彦のイメージで選んだ曲をかけると、どれもしっくりくる。曲を(森彦が)飲み込んでくれるんですよ。」

店で使われる食器は、陶や木を中心としたぽってりした形で手に収まりがいいものばかり。
その食器を使ってお店で出す甘いものは、3人の女性スタッフがそれぞれのレパートリーで季節に応じたものを出しています。

つい最近行った時は、クルミがたっぷり入った木の実のケーキ。
ケーキと一緒にカフェオレを飲みながら窓の外を眺めていると、幸せな気持ちになります。

途切れることなく来るお客さんは、若い人から品のよいご年配の方まで様々。
1人だったり2人だったり、それぞれの時間を大切にしているようです。

2階の小さな椅子に色鉛筆と一緒に置いてあるノートは2年前から置き始めた”森彦ノート”と呼ばれているもので、森彦とお客さんとをつなぐ役割を果たしています。
最近では1ヶ月で1冊のペースに、さらに加速度がつき始めているそうです。

「好きじゃないとできないし、好きだからやっている。」とおっしゃるオーナー。

これからも、この偶然が積み重なった森彦という1つの空間で、四季を楽しみたい。

メニュー

・マイルド 550円
・今日の珈琲 550円
・カフェオレ 650円

関連記事

最終更新日: 2001-05-04

タグ: , , , , ,

この記事を見ている人はこんな記事にも興味を持っています