アメリカナイズなくつろぎ空間・sinner cafe(シナーカフェ)

sinner cafe(シナーカフェ)は、ミッドセンチュリー風のインテリアでまとめられた、アメリカナイズなくつろぎ空間。


2001年3月に豊水すすきの駅すぐ、国道36号線に面した通りにオープン。

1Fはカウンター、2Fは6つのテーブルから構成されており、内装はスタッフの方々で手がけたそうです。
イスは全てアンティーク。中には本物のイームズチェアも。

また、看板の赤いロゴがカップや皿にプリントされていて、赤を使ったアクセントがきいています。

フードはスパイスがきいたメキシコ料理を中心に、ボリューム感のあるメニューが揃います。
それにあわせて、ドリンクも杉屋のオリジナルブレンドコーヒーから、コロナなどのビールまで。

デザートは今のところ、リンゴとさつまいものクランブルパイと、パルフェのようなビターな味わいのシナーバーの2種類。

2001年の夏には期間限定メニューのキャラメルパフェがあったので、これからもっと増えてくれるのを希望したいです(嬉しいことに、後日定番メニューに加わりました)。

カフェとしても、ごはんを食べに行くお店としても楽しみがあるので、その時の気分で使い分けています。

店名の”sinner(シナー)”の由来をオーナーに伺うと、「いや、なんとなく。ロゴかな(笑)」。
気さくなスタッフの方の笑顔と夜遅くまで営業していることがさらに魅力を高めます。

メニュー

・カプチーノ 500円
・カフェキャラメル 550円
・アッサムティー 400円
・キャラメルバニラシェイク 650円
・カクテル各種 600円

・シナーバー 550円
・クランブルパイ 550円
・スパイシーチキンサラダ 850円
・タコス 850円

追記

こちらのカフェでは、象印のマイボトルでどこでもカフェというキャンペーンに賛同しており、給茶スポットとして飲み物を提供しています。
タンブラーや水筒などマイボトルを持参するとコーヒーなどの飲み物を詰めてくれます(最新情報は象印のページをご確認ください)。

札幌市内の給茶スポット

(2010.08.01)

最終更新日: 2001-05-09

タグ: , , , ,

この記事を見ている人はこんな記事にも興味を持っています