石窯パン&ピザ Ripple(リップル)

厚田の桜を見に行くドライブ途中、お腹がすいた私の目に飛びこんできたのは、道路脇の小さな看板、「石窯パンとピザPizzeria Ripple この先500m」の文字。

脇道に入り、冬は登れないんじゃないかと思うほどの急勾配の砂利道を上がって、小山の頂上へ。

頂上にぽつんと立っているのが、石窯パン&Pizzeria Ripple(リップル)。
販売とイートインを兼ねた店舗と、石焼窯の建物の2つの棟が敷地内に建っています。

石焼窯の建物脇にはぎっしりと薪が積み上げられていており、パンやピザを焼くのに使う薪の多さを実感。

入口を入ってすぐの小さな販売スペースには、7種類ほどのパンが並んでいました。

販売スペースから半階段あがったイートインスペースは、大きなガラス張りの窓から厚田の海を眺めることができる、モダンインテリアのおしゃれな空間。
食事やカフェメニューを楽しむことができるようです。

店内の飲食は11時からということだったので、シンプルなマルゲリータ(1,000円)のテイクアウトをお願いしました。

15分ほどで車に持ってきてくれたピザは、すでに袋から良い匂い。
テイクアウトとお願いしたので、ナプキンやお手拭きをつけてくれたのは嬉しい心遣いでした。

さっそく車を走らせ、戸田記念公園で桜を見ながらピクニック。
マルゲリータはA4用紙幅くらいの小ぶりサイズですが、ピザの生地が驚くほどおいしい!


焦げ目のついた生地は水分が多めでもちもちしていて、塩気をしっかり感じます。
気泡が多く入り、噛んだ時にプチプチとした食感がアクセントになっています。

トマトソースの味はちょっと濃く感じました。
ピザ生地、生のバジル、モッツァレラとのバランスがとれると、もっと美味しいと思います。

石窯で焼いているパンも買ってみました。

クロワッサン、黒こしょうとチーズのパン、びっくりするくらい黒い焼き目のパンドミを買って翌日の朝食にしたのですが、ピザに比べると印象は薄かったので、ピザ生地のようなチャパタなどのほうがアタリかもしれません。

駐車スペースからの眺め。


次回はこの望来の海を眺めながらイートインで食べてみたいです。

最終更新日: 2011-07-22

石窯パン&Pizzeria Ripple(リップル)

  • 住所:北海道石狩市厚田区望来338-30
  • 電話:0133-77-2288
  • 営業時間:
    ・パン 10:00-完売まで
    ・ピザ 水-日11:00-15:00(L.O.14:00)
        土曜・日曜・祝日11:00-夕日まで
    月曜・火曜定休(祝日の場合は翌営業日)
    ※営業時間が変則的なので、確認のうえ行くことをおすすめします。

この記事を見ている人はこんな記事にも興味を持っています