朝早くから営業!安くて美味しい讃岐うどん西18丁目のおか田

地下鉄東西線・西18丁目駅から少し歩くと、どこからともなくふわ~んとダシの香りが漂います。


うどんの本場、四国で修行されたご夫婦が切り盛りする「おか田」は、営業時間が朝6時(訪問時)から午後2時までという、札幌では珍しい朝型のうどん屋さん。

ここでは鯖や利尻産の昆布をベースに、甘すぎず塩辛すぎない薄口のしょうゆ出汁、そして毎日手打ちするもちもちのうどんを食べることができます。

トッピングは丁寧に煮付けたきつねや半熟卵の天ぷら(!)など好きな具を選び、天かす・きざみネギ・ワカメを好きなだけ乗せて食べる、香川県でメジャーな半セルフサービス形式。

昼時に行くと近くの専門学校生や会社員の方たちで混雑していますが、回転も速くうどんを麺を茹でたり、揚げ物をしたりと急がしそうに動き回る店員さんの手元を見ていると「待つ」という感じがしません。

お昼のピークを過ぎてからの方が対応も丁寧で、ゆっくり味わえます。

地下鉄東西線西18丁目からすぐ。
駐車場はないので、公共交通機関の利用をおすすめします。

メニュー

・うどん(温・冷) 並 280円、大盛(2玉分) 380円
・トッピング 半熟卵の天ぷら70円、ちくわ100円、えび天120円、野菜のかき揚げ100円など

最終更新日: 2002-11-11

タグ: , ,

この記事を見ている人はこんな記事にも興味を持っています