pasque is.(パスキューアイランド)

「『ここにしかない空間・もの』を大事にしていく小さなショップを目指しています。」
pasque is.(パスキューアイランド)が札幌にお店を開いて20年。
店舗拡張に伴う3回目の引越しは、電車通りから一本裏の静かな路地へ。


そこはお店の事務所兼倉庫だったという天井までが4mもある元ガレージ。

残念ながら以前あった陶器類は現在は販売していませんが、布雑貨やスタジオMの器が、棚やアンティーク風のショーケースの中など、随所にディスプレイされています。

商品の仕入れをメーカーに頼っていては、流行に左右されたりと思うように仕入れができない時もあるため、自分たちの納得できるもの、いいものを作る事に挑戦しようという思いで5、6年前からハンドメイドで作られているオリジナルのシャツやキャンドルを扱い始めたそうです。

商品の中でも、生地の裁断からボタン付けまで1人の方が丁寧に作るというシャツは、4年間一度もボタンが取れなかったという逸話まであります。

感度の高い小物を仕入れる時は、「間口は狭く、奥行きは広く」、作り手の好みや人となりをコミュニケーションをとりながら商品を仕入れる。

「西洋と日本、男と女、両極端にある良いものをパスキューという目を通してミックスし、伝えていきたい。」
そして、選んで買った人が自分流に変えていく余白のある商品を扱うことが、20年間変わらないパスキューアイランドのコンセプト。

そう話してくれた店長さんがお店をやっていて良かったと思う時は「訪れた人がいいものを見つけたとか、いい時間を過ごせてもらえたというのが分かる時」。

看板の脇には花の鉢を置き、入口のレトロな扉を開け、お客さんを出迎えてくれます。

最終更新日: 2002-06-21

タグ:

この記事を見ている人はこんな記事にも興味を持っています